糖尿病食を通販で~夫婦の記録から

手間をかけずに糖尿病食をおいしく楽しむ通販食ガイド

糖尿病食の通販・宅配サービスを選ぶために

糖尿病食の通販は、献立が豊富でおいしく、安心して口にできるので、次のような要望やお悩みを持っている方におすすめです。

  • 食事から糖尿病の予防を考えている
  • 糖尿病食の献立づくりに苦労している
  • 利用している糖尿病食がおいしくない
  • これから糖尿病の食事療法をはじめる

このサイトでは、糖尿病食の通販についての情報や、通販サービスの選び方、糖尿病を予防するために知っておきたい知識をまとめています。

すでに糖尿病食の通販を利用していて、「もっと病院からの信頼が高いサービスを選びたい」という方もいることでしょう。そんな人にとっても、有益な情報を紹介しています。

通販の糖尿病食っていったい何?

糖尿病食の通販をはじめて注文しようと考えている方は、「通販の糖尿病の食事っておいしいの?」「家でつくる食事療法と何が違うんだろう?」と疑問に思われるでしょう。

ご飯最初に説明しておくと、家庭でつくる糖尿病食と、通販の糖尿病食の内容は大きく違いません

食事メニューにも、サバのみそ煮や鰆の照り焼き、肉じゃがといった家庭的な料理をはじめ、糖尿病食とは縁遠いと思われがちなハンバーグ、天ぷら、とんかつまで献立にあります。

では何が違うかというと、大きく異なるのは「手間」「栄養バランス」、そして「味」です。

自炊と通販の糖尿病食の違い
自炊 通販
毎日3食の献立を考えなければいけない 献立はメニューから選べるほか日替わりも
塩分を抑えると味付けが難しい 減塩でもプロがおいしく調理
基本的に毎回調理する 冷凍で保存でき、レンジで解凍
工夫しだいで調理費を節約できる 会社によっては送料がかさむ
栄養士の指導のもと自分でバランスを考える 管理栄養士がバランスを考えて献立を開発

料理栄養の専門家が監修のもと、調理の専門家が作っているので、通販サービスの糖尿病食は、食材や調味料に制限がある中でも家庭では出せないおいしさがあります。

経験のある方なら、1日あたりの塩分量やカロリーを計算し、それを3食に振り分けて献立を考えるのがいかに大変か、身をもって感じていることでしょう。

わが家の場合は主人が糖尿病なのですが、私が献立づくりに苦労しているのを見て、少しでも負担が軽くなればと、主人が通販の利用を後押ししてくれました。

通販による食事は、多いところでメニューが数百種類もあるので、毎日3食あきることがありません。

価格帯は通販サービスの会社によって、コースやセット・単品などの設定がまちまちですが、私が調べた限りおおよそ1食あたり安くて500円ほど。高くて1,500円ほどでした。平均すると、だいたい700~800円あたりといったところでしょうか。

ホームページからも申し込めますが、はじめてのときは電話で問い合わせするのがコツ!

糖尿病を患っている患者さんの状況を相談しながら、最適なコースやセットを選ぶことができるからです。血液検査などの書類があれば、手元にあるとなお良いでしょう。

お試しセットがあれば、気になった会社のものを一通り試してみてください。会社ごとに味の違いがあり、一番おいしいと思うところを選べばいいと思います。

★糖尿病食の通販でおすすめの会社比較はこちら>>

 

わが家が「糖尿病食」の通販に踏み切ったわけ

 

おばさんここでは、わが家の糖尿病食事情について少し。うちでは、主人が定年退職後に糖尿病になっていることがわかりました。

それまでは主人の好みにあわせて、細かいバランスは考えず、要望どおりに料理をしていたので、思えば当然だったかもしれません。

定年後だったから、3食とも自宅で食事をとるため、病院の管理栄養士さんの指導にしたがって私が調理。しかし、思うような味が出せず、主人の箸もあまり進みませんでした。

献立を考えるのもひと苦労で、このままでは夫婦ともに糖尿病食のアリジゴクにはまってしまうと思い、通販サービスを依頼することにしたのです。

そんなわけで、気になった通販食会社のお試しセットをいろいろ取り寄せて比較した結果、わが家が選んだのは武蔵野フーズの「健康宅配」の糖尿病食でした。

健康宅配の糖尿病食を選んだ理由は、なんといってもおいしかったこと。

糖尿病食であるのがウソのように、主人が「うまいうまい」と箸を進めたのです。

私も口にしましたが、確かにおいしい。塩分やカロリー調整をしているとはとても思えず、自分のつくっていた食事はなんだったのかと思わず自嘲してしまうほど。

とくに野菜が豊富に入っていて、おいしかったのが印象的です。

比べた会社の通販食のなかには、野菜の種類や量が少なかったり、入っていても味がくたびれていて、おいしく感じないものがいくつかありました。

消費者庁の「食事療法用宅配食品等栄養指針」にもとづいて管理栄養士さんが献立をしている点や、全国の2,000以上の病院からの紹介実績がある点、地元農家の野菜にこだわっている点など、信頼性や安全性も魅力です。

おじさん今では主人のHbA1cの数値もだいぶ良くなり、診察に行くと病院の先生から、「こんなに良くなって、食事療法がんばってるね」と褒められたようです。主人もまんざらではない顔をしていました。

みなさんも、ぜひ糖尿病のご家族が笑顔で食事を楽しめる通販食を探してみてください。

 
糖尿病食を通販で~夫婦の記録から