手間をかけずに糖尿病食をおいしく楽しむ通販食ガイド

HOME » 糖尿病の食事を通販で~はじめての方へ~ » 冷蔵食のおいしさと栄養素

冷蔵食のおいしさと栄養素

おいしいと評判の健康宅配(武蔵野フーズ)の糖尿病食には、他の会社にはない冷蔵食があります。冷蔵食の特徴と栄養素について調べてみました。

おいしさと栄養のバランスがとれた冷蔵食

糖尿病食を通販するにあたって検討した数社の中から、「健康宅配」の冷蔵食について紹介します。メニューは主人が特においしいと言ったビーフカレーです。

すこやか膳 ビーフカレー/ご飯/ブロッコリー炒め/キャベツサラダ/スープ

私も食べてみて感じたのが、「予想よりもボリューム感がある」ということです。ご飯はお茶碗1杯ほどですが、ビーフカレーの具材がごろっと入っていて、量が少ないと感じることはありませんでした。

カロリーが控えられている糖尿病食のお弁当は、食べても物足りないことも多いですが、「健康宅配」のビーフカレーは、お肉とお野菜のボリュームがあり食べ応えがあるので、これなら主人が満足できるのも納得でした。

お味の方も、お野菜がたくさん入っていておいしかったです。冷蔵で送られてくる糖尿病食は「健康宅配」だけだったのですが、冷凍ではなく冷蔵というところにポイントがありそうです。

冷凍食は凍った状態から6分ほど加熱するのですが、冷蔵食は1分ほどの加熱時間です。レンジの加熱時間が短いことで、冷凍食よりも野菜にみずみずしさがあり、ブロッコリー炒めのブロッコリーにはきちんと歯応えもありました。

キャベツサラダは加熱しないでそのまま食べられるようになっていたのですが、シャキシャキ感とした食感が残っていました。非加熱で食べられるメニューがあるのも冷蔵食のメリットだと思います。

食事自体の味付けと共に、野菜などの素材の良さを感じられるところが、冷蔵食のおいしさに繋がっていると思います。

市販のお弁当と栄養素を比べてみました

あとは気になる栄養素です。ビーフカレー単品で詳しく調べてみた結果が下記の比較表です。

ビーフカレー
(ご飯含む)
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
武蔵野フーズ
ビーフカレー
(冷蔵食)
435kcal 17.3g 8.3g 68.5g 1.2g
セブンイレブン
ビーフカレー
(チルド弁当)
704kcal 15.8g 19.2g 116.9g 1.4g

コンビニで買える冷蔵(チルド)弁当と比べてみましたが、エネルギーと炭水化物は2/3以下、脂質は1/2以下、食塩含有量も少ない結果でした。

たんぱく質は「健康宅配」のビーフカレーの方が多く、コンビニのチルド弁当よりお肉のボリュームが多いと言えます。食事の満足度にも繋がる部分でしたが、カロリーは抑えつつも必要な栄養素は含んでいるようです。

糖尿病食はカロリーを抑えながら、必要な栄養素をバランス良く摂取することが大切です。宅配弁当と同じく手軽に買えるコンビニのお弁当ですが、比べてみるとやはり「健康宅配」のバランスの良さに軍配が上がる結果でした。

お弁当や私の作った食事でも、ご飯の量を減らせばカロリーのコントロールはできますが、満足な食事にはなりません。「健康宅配」の冷蔵食は、冷蔵ならではのおいしさと栄養のバランスがとれていることが分かったので、主人に安心して食べてもらうことができそうです。

 
糖尿病食を通販で~夫婦の記録から